なぜアドセンス通過したのか?~いまだに不思議~

どうもこん○○は。

かかりつけの歯医者さんから4か月ごとの歯科検診の案内ハガキが届いたので

早速今週の某日に予約をしたのですが

残ってる親知らず思い切って抜いてしまおうかどうしようか

現在迷い中のペンギンパパです・・・

 

さて、今回のお話は先日無事に審査通過の運びとなった

グーグルアドセンス

について。

 

改めてグーグルさん、および応援してくだった皆さまには厚く御礼申し上げます。

とはいえ、自分はネットやPCに関してはド素人ですし

このワードプレスやテーマ「Cocoon」に関しても

諸先輩方の記事やサイトを首っ引きで調べながら、日々やっとこさ記事を作成してるありさま・・・

 

なので、審査申請の手順・通過後の設定といった具体的な部分は諸先輩方の既存の記事にお任せするとして

自分は

「多分これかな?」

と思われる要素の自己分析にとどめたいと思います。

 

これからアドセンス申請されるあなたの

「参考資料の末席」

にでもお加えいただければ十分です。

 

サイトマップ・お問い合わせ・プライバシーポリシー

 

これら3つに関しては

【作成・アップを完了

させた状態で申請しました。

理由は

「無かったら問答無用で不合格確定にちがいない」

と判断したからです。

 

判断の根拠はというと

  1. グーグルさんは審査の合否判定基準の具体的詳細内容は公表していない。
  2. しかし、すでに通過を果たして実績も上げてる諸先輩方がこぞって「そうしたほうがいい」とアドバイスを発信している。
  3. 色んな方がすでにブログ向け・サイト向け各種例文やテーマ別の設置・設定方法等「ノウハウ」を惜しげなく無償で提供して下さってる。つまり「少しの手間さえかければ誰でも用意できるもの」だから。

という3点です。

 

多分これら

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

 というのは、入試に例えると

「解答用紙に忘れず受験番号と名前を書く」

というレベルに等しいことなんじゃないか?と思います。

公序良俗に反する記事・写真は載せてない

 

もっともこの点に関しては

公序良俗に反する写真を積極的にアップしているブログを探す方が難しい

と思ってますが

(たいていのブログサービスは見つかった時点で何らかの警告・処分がなされると思うので)

 

自分のブログは

  • 雑記ブログ
  • 主なコンテンツは高齢者介護関係・スキー業界あるある・就職氷河期世代あるある・非正規雇用者あるある・筋トレ・子育て・商品紹介等
  • 特別優等生的文章でもないが反対に特別ヤンチャに尖ってもない

少なくとも広く世間に害を及ぼす要素などは見られない、いたって平和なブログであると自負しています。

 

アドセンス申請関係の記事の中には

「男性の上半身裸の写真載せただけで不合格になる」

という内容の文面が掲載されてるものもあるんですが

自分の場合、過去に自分の上半身裸の写真載せた記事を書いてはいます。

(その過去記事はこちら

 

ただその記事は「筋トレ」に関する記事であり

読んでくださった人に

「今後のトレーニング継続の効果をわかりやすく伝える目的」

で掲載した写真です。

 

記事の中でも

「見たくない人はスルーして下さい」

と予告もしています。

 

仮に同じ写真を

「美味しいラーメン屋さんを紹介する記事」

に掲載していたら

 

どういう審査結果が下されていたかわからないですけどね・・・

(苦笑)

 

いずれにしても記事の内容であったり、添付する写真や参考資料等の

「整合性・関連性」

は意識しておいた方がいいかもしれません。

記事数・文字数

 

これらに関しては自分も申請前に色々心配になって調べてみたんですが

 

ある人は

「5記事で一発合格した」

と言ってる一方で

「100記事近く書いて3回目でやっと合格した」

って言ってる人もいるし

 

ある人は

「1記事3000字は書かないと合格しない」

と言ってる一方で

「文字数はさほど関係ないよ」

と言っていたりと

情報が多すぎてどれが正しいのかわからなかったです・・・

 

ちなみに自分の場合は

  • 記事数:申請時点で29記事
  • 文字数:最少303字 最多10421字 平均約2600字弱
  • 更新頻度:週1~2回

でした。

正直、審査にどう影響したのかはまるで見当がつきません。

 

文字数最少の記事は

介護福祉士国家試験受験者への応援メッセージ的な記事

最多の記事は

スキー場関係の仕事に就いていた時期に関する記事

だったんですけど、少なくとも世間一般及び特定個人・団体等に害を及ぼすような記事ではないことは確かです。

(苦笑)

お時間に余裕があればご覧になって参考(反面教師?)になさってください。

 

色んな方がおっしゃってますが、単なる数量的なことよりも

  • 「誰に何を伝えたい記事なのか?」
  • 「家族・友人以外の人に読んでもらっても内容が伝わる構成か?」
  • 法規定や公序良俗に反する内容ではないか?

を念頭に置いて作成していけば、まず間違いはないんじゃないか?と思います。

あとがき

 

幸運にもアドセンス審査に合格して

ようやく

「ブログアフィリエイトの世界の入り口」

に立てたわけですが

 

現時点ではアフィリエイト云々以前に

 

コンスタントに読んで下さってる人がほとんどいない・・

 

先ずは、もっとこのブログの

ファン

を増やさないといけませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました